医療レーザー脱毛と電気針脱毛

永久脱毛の今と昔

ひと昔前は、永久脱毛というと電気針脱毛のことを指すのが当たり前でした。
現在では、安いエステサロンでのフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の普及で、電気針脱毛を見かけることは少なくなりました。電気針脱毛とはどういう脱毛法なのでしょうか?
ここでは、医療レーザー脱毛と電気針脱毛の違いについてご説明します。

 

1)脱毛効果について

 

電気針脱毛は、1本1本ムダ毛の根元に絶縁針を差し込んで、毛根を焼き切って脱毛させる方法です。
そのため、「点」の施術であり、1回の施術に時間はかかりますが完璧に脱毛が完了します。

 

医療レーザー脱毛は、レーザー光により毛根にある毛母細胞を破壊し脱毛に至らせる方法で、「面」の施術といえます。こちらも脱毛効果は確実にあるといえます。

 

2)処理範囲について

 

電気針脱毛は、1本1本に電気を通して脱毛を行うため、1回に処理できる範囲が非常に少なくなります。
そのため、目的とする脱毛効果を得るのに非常に施術回数がかかってしまいます。

 

医療レーザー脱毛は一度に広範囲の照射ができるので、通う回数も少なくてすみます。
医療レーザー脱毛で広範囲の脱毛が完了し、どうしても残ってしまったムダ毛のみ電気針脱毛を行うという方法でもよいかもしれませんね。

 

3)痛みについて

 

電気針脱毛は、1本1本のムダ毛の根元に絶縁針を差し込みますので、非常に強い痛みがあります。
我慢できなくて挫折する人も多くいるほどです。
電気針脱毛がそれほど普及しないのも痛みがネックになっているといえるでしょう。

 

医療レーザー脱毛は、輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みで、またあったとしても、冷やしたり麻酔を塗ったりして痛みを抑える処置をしてくれますから、安心して施術を受けることができますね。

 

4)施術時間について

 

電気針脱毛は、1本1本に絶縁針を差し込んでいきますので、非常に時間がかかります。
また、腕の良い施術者でないと失敗も多いので、余計に時間がかかります。

 

医療レーザー脱毛はレーザー光の直径が広く、一度に広範囲の照射を行えますので、
施術時間もワキなら数分で完了と、受ける側の負担が格段に少なくてすみます。